サマータイムマシン・ワンスモア@ABCホール

 f:id:tomatojuice040611:20180921223443j:image

 

ヨーロッパ企画の20周年記念公演。滑り込みで観てきた。最高。ホント最高傑作だった。


思えば10年以上前、なんとなーくレンタルしたサマータイムマシン・ブルースがすごくおもしろくて、ちょうど大学生だった自分とあの作品の学生ノリがベストマッチで印象深かったのが始まりであった。

 
その2年後、就職先の小売店サマータイムマシン・ブルース2005のDVDが中古で出てるのを見つけてふと手に取り、ヨーロッパ企画の舞台演劇に魅せられて。

 
その頃ちょうど「あんなに優しかったゴーレム」の公演が始まってて、劇場に足を運んでは爆笑し、過去作のDVDを買い漁りつつ、今でも毎年公演DVDはチェックし続けている。

 
「月とスイートスポット」以降はDVDのみの鑑賞だが、正直最近は惰性というか、のめり込むほど夢中にはなれていなかった。

 
ので、今回のワンスモアも当初は観に行くつもりもなく、3日前にたまたま都合がつきそうだったので何となしに来た。そんな感じだったのに。

 
開場し、座席に着く。目の前にあの時の部室の光景が広がった途端、ワクワクがこみ上げて来た。あの時に戻ってきた、そんな気がした。映像でしか見たことなかったけど、長机や写真部の暗室、ケロヨン、そして映像では気付かなかった64の箱とかDixitを発見。もうこの時点で「来てよかった!」そんな気がした。

 
そして本編。導入はあの頃の続きに近かったので、思い出補正ありきで観る感じかなーと思っていたが、全然そんなことなくて。前回以上に張り巡らされた伏線と回収の妙。それらをあの時の学生ノリそのままに勢いよく捌いていく役者たち。150分て相当長いと思ってたけど、ずーーーーっと、ホントにずーーーーっと笑ってた。思い出補正を差っ引いたとしても、前回超えてたよ。続編として大成功でしょコレ。

 
これまでの公演ベスト3挙げると、「月とスイートスポット」〉「サマータイムマシン・ブルース」〉「12人の追い抜けないアキレス」だったんだけど、今回でトップがワンスモアに入れ替わった。本当最高だった。いやーいいもん観た!

 
ちなみに、開場前に近所のスパイスカリー大陸に立ち寄ったら、隣りで本多さんがPOPYE読んでて何か良かった。カレー食べるのめっちゃ早かった。最高。

 
未見の人がいるかもしれんので中身には触れないけど、備忘録がてら印象に残ったフレーズを書き残しておく。来年DVD発売した時に思い返せるように。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


2浪

仮想通貨を買う

半年働いてた

時間戻してえ~

ゼルダめっちゃ進んでる

お前今プリウス乗ってんじゃねえか

野良ドローン

平成の次の年号

遅くなったけど、これ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ありがとうヨーロッパ企画!!!!!今後とも追いかけていきます!!!!!

 

 

サマータイムマシン・ブルース 2005 舞台版 [DVD]

サマータイムマシン・ブルース 2005 舞台版 [DVD]

 

 

 

 

Hi-5 20th Anniversary ONE-MAN SHOW@下北沢CLUB251

f:id:tomatojuice040611:20180415234956j:image

まず、超絶最高楽しかったと言っておく。

我が人生の分水嶺ことHi-5の14年ぶりワンマンライブ。しかも初期楽曲のみ演奏するearly Hi-5をO.Aに据えての特別公演。生まれて初めてライブ遠征というものを決心した。

 
そして今日、朝から飛行機で羽田に降り立ち東京~千葉をフラフラと。何でもあるはずなのに来てみると意外と手持ち無沙汰になるのが不思議。ジャニスでROVOのライブ盤買った。

 
で、夕方に下北沢に降り立ち会場のCLUB251へ。下北沢でインディーズバンドのライブ観るなんて、高校生の頃の自分が聞いたら失禁するんじゃないか。小さな夢が叶った瞬間。

 
で、ライブっすよ。まずearly Hi-5。マスターピースbeat's comeからもガッツリ演ってくれるんかと思いきやSong 5の1曲のみ。ちょっと残念。ほんとに初期作からの選曲が大勢を占めてた。それでもフューチャーエレクトロパレード演ってくれたしORANGEがバッキバキですごい気持ち良かったので最高。この時点で遠征して良かったよホント。


(early Hi-5 セットリスト)

     Yearn

     100 miles high

     Song 5

     Future-Electro-Parade

     Drive&Ride

     Oh! Yeah Sunday Morning 

     Jenny

     ???

     ORANGE

 
そして現在進行形のHi-5。 All Is  Calm, All Is Brightは傑作だと思うし楽しみではあったんだけど、始まるまではearly Hi-5で結構満足してしまったとこもあって、正直余韻を楽しむぐらいの気持ちでいたん。が、始まってみたらもう全然、今の形態のが圧倒的にかっこええやないすか!!!何コレ!!!全曲最高に盛り上がってたけど特にWonder In Wonder Time!!!最高やんか!!!そんで Love Song!!!ライブで演るんや!!!Sign !Spinning  Around!Green!泣いてまうわ!!!こんな感じで2時間たっぷり楽しんだ。ほんと来てよかった。曲順多分ぐっちゃぐちゃやけど覚えてる範囲でセットリスト書き出しておく。

 
(Hi-5 セットリスト)

     ほんとうのこと

     Boys & Girls

     Universe

     Sign

     光の街

     Tonight

     Spinning Around

     Wicked Beat

     I've Been Ready

     STAR LIGHTS

     Voice & Response

     TOKYO LIFE

     Wonder In Wonder Time

     Trousers

     Love Song

     Vector

     cool stuff

     Green

(encore)

     DISCO-SOUND-FEEDBACK-OK

 
しかもまた初期のギターレス体制で活動するらしいとのことで引き続き期待大。これから夜行で関西に帰るけど、楽し疲れた。世の中のライブ遠征してる人たちはタフ過ぎるなぁ。

 
つーことでHi-5結成20周年おめでとうございました!一時は興味から離れたこともあったけど、今日あの場に居合わせることができてほんとよかった!

 

あとはどこかの誰かが正確なセットリスト公開してくれることを期待したい。プレイリスト作りたい。

 

4/17 追記

セットリストありがとうございます!

http://blog.hi-5.jp/?eid=949985

beautiful daysって初見やったんやけど何に収録されてるんやろ。

Climb the Mind@心斎橋CONPASS

初めて"ほぞ"を機に聴き始めてから早7年、ようやくクライムザマインドのライブ観れた。

当時は無職で月4万の部屋に2人暮らし、隙間風吹き荒む貧乏暮らしやったので、今でもほぞ聴くとあの時の感じ思い出す。これ聴きながら京極夏彦読んでた。

あんまりライブしないので観る機会がそもそもなかったんだけども、今回初大阪らしかったんで、ガツガツ家事済ませて行ってきた。セットリストはほぼチャンネル3からだったけど、最後は"ほぞ"で締めてくれて最高。"ベレー帽は飛ばされて"も聴きたかったけど、全体を通して歌い上げる曲よりエモコアな曲の方がグッと来たので全然よい!

 

セットリスト

プールの時間

ポケットは90年代でいっぱい

心のすべて

泥棒

ピンクの電話

あしべ

デスマッチ

ほぞ

 

和製エモの完成形の一つ

ほぞ

ほぞ

 

 

 新譜は"泥棒"が美しくて最高

チャンネル3

チャンネル3

 

 

 

Apple Musicの導入について考える(3)

昨年末、現状Apple Musicは自分向きではないという結論に達したところだけれど、その理由は、ザッピングしてる感しかない、というものだった。

ただ、Apple Music必要ないなと思うもっと根本的な理由あったので、つらつらと記す。

ここ数年は、年4000円の利用料を支払いitunes matchを継続して利用している。そしてこれはApple Musicよりも優れていると感じる。それはなぜか。

 

f:id:tomatojuice040611:20171110080532p:image

f:id:tomatojuice040611:20171110080510p:image

f:id:tomatojuice040611:20171110080544p:image


自分の好きなものがいっぱい並んでるからだ。
通勤電車でも車乗るときでも何でもいいけど「音楽聴きたいとき」に聴きたいものを選べるスピード感が圧倒的なのだ。自分が積み上げてきたライブラリなんだから当たり前なんだけど。スワイプしたらカスタムノイズもDismemberment Planも放送室もサクサク出てくる。聴きたいものを考える、みたいのがなくてよい。

Apple Music使ってるときに思ったのはとにかく何聴こっかなって思ってから思いついて検索してあったり無かったりで、自分のライブラリの方が聴きたいの全然ある、みたいなことがよくあった。

ゆえにApple Musicのプレイリストに自分のライブラリを構築すれば、「聴きたいものがサクッと聴ける」「聴いてみたかったやつがサクッと探せる」の両方が満たせて最高なのかもしれない。そんなもん手作業でできるわけないのでしないですが。

ということで、自分からするとitunes match>Apple Musicだから必要ないって結論です。

そしてitunes matchはすごい良いです。以上!

Hi-5 "All is Calm, All is Bright"

Hi-5の新譜!!!!!!!!!

f:id:tomatojuice040611:20171030224755j:image

 

今なおバンドのWikipediaは作られてないしググったらトップに出てくるのはオーストラリアの同名のテレビ番組ってぐらい知名度はイマイチだけど、メジャーじゃないバンドに踏み入れるきっかけだったHi-5は自分の人生にものすごく大きな影響を与えた。beat's comeは多分これまでのどんなアルバムより愛聴してる。

 

beat's come

beat's come

 

  

当時は爆音ギターレスバンド、みたいなキャッチフレーズで売り出されてたと思うんだけれど、まさしくそのサウンドに聴き惚れてしまい、過去作からオムニバスCDまで貪るように聴き入っていた。

B'zがこの世の全てだった自分が新境地に足を踏み入れた瞬間だった。

 

Hi-5 - DISCO-SOUND-FEEDBACK-OK - YouTube

 

Hi-5 - Orange - YouTube

 

↑いや、youtubeには上がってないけど、Song.5とかFellowとかアルバム収録曲もれなく超最高なんすよ。。。

 

その後リリースされたMUSIC RE-STARTはバンドの疾走感が薄れてちょっと雰囲気変わったんだけど、代わりに浮遊感と歌モノとしての完成度が増して、違う魅力が引き立つ良作だった。この頃までのHi-5が本当に大好きで。

 

Hi-5 - フューチャーエレクトロパレード - YouTube

 

しかし以降リリースされたLiving in TOKYO LIFEやHi-5(S/T)は、さらに歌モノ押しと4つ打ちが強まり、持ち味だったギターレスがギターを持ち出す始末。大好きな爆音ギターレスバンドの見る影はもはやなく、徐々に興味を失う。

 

その頃にはポストロックとかそっちに食指が移り、あまり真剣にHi-5の動向を追わなくなっていったが、淡々と一定のペースで活動していたのは何となく知っていた。けど、大きな舞台に上がってくることはないんだろうな、という印象で特に期待することもなくなっていた。

 

そうこうしてるうちに13年。まさかの新譜リリース。

 

まだ全然終わってなかった。バリバリやってんだ。

否が応でもアガるでしょうよ。

 

そんなわけでワクワクしながら新譜を聴いてるんですが、位置付けとしてはやっぱりLiving in TOKYO LIFE以降の歌モノ感が強いんだけど、サウンドがすごく印象的な曲が多くて、期待以上の良作だと思います。最初聴いたときあんまりピンと来なかったけど、2〜3週するうちにどんどん好きになってきた。Spining AroundもいいけどUniverseとかSign、17も好き。

Hi-5 - spinning around - YouTube

 

beat's comeを聴いたときの衝撃には及ばないけれど、13年の時間を経て今Hi-5の新譜が聴けたことが本当に嬉しいし、思い出深い1枚になりそうです。いやーありがとうHi-5。そして願わくば関西にもライブ来てください。

 

 

All is Calm, All is Bright

All is Calm, All is Bright

 

 

 

B'z Loud-Gym -IN YOUR TOWN NIGHT-

f:id:tomatojuice040611:20171016232956j:image

 

生まれて初めて買ったCDアルバムはB'zのTreasureだった。中学生だった当時、音楽に興味を持ち始めてまずは何を好きになるところから始めるか、GLAY?L'Arc〜en〜Ciel?Dragon Ash?いや、敢えてみんなが掘り下げてないB'zで行こう!そんな気持ちで聴き出して、B'zきっかけで音楽っていいなってなってそこから裾野を広げて今に至ってる。

 

今も音楽は大好きだし、原体験ともいえるB'zは相変わらず定期的に聴いている。が、最近はそこまでしっかり追えておらず、持ってるアルバムも一番新しいので2005年リリースのTHE CIRCLE。今やそこまで熱心なファンとはいえないけれど、何とはなしにこのイベントに行ってみた。

 

ライブハウスでB'zのライブ音源をひたすら聴く、というファンミーティング色の強いイベントだったけれど、昔の曲とかも普通にやっててアガった。GO GO GIRLSとか15年ぶりぐらいに聴いた。最高。

 

映像なしでライブ音源だけ聴くって楽しいんかなって思ったけど、B'zのライブ行ったことない自分としては、ライブハウスの音響で聴いてるだけで擬似体験してる高揚感を味わえてそれなりに楽しめた。次回は最新作の視聴会みたいになるっぽいけど、今度は映像付きでライブ音源聴いてみたいので今後に期待。

 

ちなみに会場でビール飲んでたら知らない人に声掛けられて「もしかして(会社名)の人ですか?」「毎朝電車でお見かけしてて」「今日は私服で通勤してるなーと思ってたらこんなとこで見つけるとは思わなくて」「つい声掛けてしまいました 」っていうのがあった。怖えよマジかよと思ってよくよく話聞いたら職場の他部署の人やったことが判明し、その後も曲の解説とかしてくれて何か楽しかった。他人とガチでB'zの話したことって無かったので18年間燻ってた魂が救われた気がした。感謝。

 

THE CIRCLE

THE CIRCLE

 

 

 

ALONE

ALONE

 

 

 

 

 

荻須先生の話

何か急に思い出したので、唐突にも高校時代にお世話になった先生のことを書く。

荻須先生は高3のとき赴任して来た国語の先生で、当時で50歳ぐらいの女性だった。
といっても他の学年を受け持ってたので基本的に接点はない。

最初にピンと来たのは学校で配られたプリントだった。赴任した先生の自己紹介が列記されてて、基本的には流して読んでしまうところだが、荻須先生はそこに好きな音楽のことを書いていた。
『ロックが好きです。バッファロードーターetc』その一文が目に留まった。

当時バッファロードーターのことなど全く知らなかったけど、「あ、音楽好きなんやこの人」と思った。が、それだけで、荻須先生のことに興味を持つでもなく終わった。

半年ほどして、一度だけ荻須先生の授業を受ける機会があった。そのとき自分は一番前の席で授業を受けていた。当時の高校生は、通学鞄とは別に、プリントやノートを入れるプラスチックのケース(名前わからん)を持ち歩いており、そこに何かしらのステッカーを貼って個性を演出していた。自分は人間プログラム(THE BACK HORN)のジャケットのステッカーを貼っていた。

f:id:tomatojuice040611:20170814182711j:image

こういうやつ

 f:id:tomatojuice040611:20171016235732j:image

これ貼ってた(今あらためてみると怖いな)

 

終業のベルが鳴って皆が教室から出ていくそのとき、荻須先生に声をかけられた。「バックホーン好きなの?」

50歳(推定)の大人の口から「バックホーン」という単語が出てきて大層驚いたが、その場ではそんなに話が盛り上がった記憶はない。けれども先生が他にどんな音楽聴いてるんだろうという興味が沸々と湧き出した瞬間であった。

センター試験が近付いた頃、国語でわからないことがあり職員室を訪ねた。いつも質問していた先生が不在だったので、荻須先生に声をかけ、質問した。疑問が解決したら音楽のことが聞きたくなり、あらためて尋ねた。先生どんな音楽好きなんですか。先生はいろんな話をしてくれた。

フジロックに行った帰りに入ったレストランでTOSHI-LOW夫妻と相席になった話がすごく面白かった。最近好きなのはボアダムスでこの前にライブ見たときはメンバーがドラムしかいなかった、スーパーアーというアルバムがかっこいい、という話も興味深かった。自分の好きなもののことをめちゃくちゃいっぱい知ってる人に出会えたことが嬉しかったのをよく覚えている。先生、ぼく京都の大学行くつもりなんです。ほら、くるりとか、つじあやのとか、YOGURT-poohとか、京都の人じゃないですか。

それでもその後、荻須先生とはほとんど話をすることなく卒業した。多分大学受験に頭がいっぱいだったんだろうが、もったいなかったなと思う。

2年後、京都のCD屋でボアダムスのVISION CREATION NEW SUNを見つけたときに荻須先生のことを思い出して買ってみた。ステレオから流れるSuisidal Cendenciesはそれまでの音楽観をブッ飛ばし、そこからボアダムスROVO、Soft等トライバルへの興味を膨らませるようになった。この時、荻須先生もしかしてめちゃくちゃ面白い人だったのでは、と思うようになった。

さらに1年後、初めてフジロックに行った時、ホワイトステージでBRAHMANを待ってる間また荻須先生のことを思い出した。もしかして先生もどっかにいるんじゃないだろうか。今会えたらめちゃくちゃ音楽の話したいんだけど。

そんな感じで10年ぐらい経ったが、今でもたまに先生のことを思い出す。先生、最近どんなん聴いてますか。ぼく今度コーネリアス観に行きますよ。次会えたらまたあの時みたいな話したいっす。

 

無理なんだろうけど、もう一回会いたい。

 

荻須先生きっかけで知った大名盤

 

Vision Creation Newsun

Vision Creation Newsun

 
シャイキック (SACD-Hybrid)

シャイキック (SACD-Hybrid)